読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クライ・ベイビーズ

育児や仕事やあれこれを前向きに試行錯誤する日々。

暗く短く弱音を吐きます

こんにちは。

息子(3歳)曰く、顔がいつも怒っているらしいあいりです。


「ママが笑いますように!」って息子に魔法をかけられました。

それほどまでに怒っているとは…


何がダメって、自分が怒っている自覚がないことです。

私が普通にしてても怒っているなのかもしれません。

笑ってないママは怒っているなのかもしれません。


息子に聞くと「笑ってるママが好き」と。

そんな風に見えているんだなってショックでした。

そんなつもりなかったから余計に。

何やってんだろ、私。


あー、ダメだ。

ダメダメだ。


ごめんね。

怒りが引かないときの切り替えスイッチがほしい

こんにちは。

雪かきに追われるあいりです。


怒りがこみ上げてきたとき、どうしていますか?


静まれと念じ、無になる。

おもむくままに怒る。

楽しいことを考える。

自分、怒りそうですねーと客観視する。


対応は様々あるかと思います。

私は我慢して我慢して我慢して一気に爆発します。

その爆発は細く長く続いてしまうのです。


そう。

我慢した分、怒りを引きずってしまうのです。

怒られる対象はだいたい息子(3歳)。


こんな怒り方では息子に響かないし、傷つけてしまうこともわかっています。

でも長引いてしまいます。

息子は自分で反省して「ごめんね」って言ってきます。

その「ごめんね」がテレビを見ながらだったり、「ごーめんねぇー♪」と歌いながら言われると、 「そんなの謝ったうちに入らないよ!」とまた怒ってしまいます。


3歳相手になにやってるんだろって思う。

大人げないなって思う。

そして自己嫌悪…


切り替えが下手すぎる。

怒る、怒らないの切り替えスイッチがあったらいいのにと心の底から思う。

2016年初記事

こんにちは。

今更ながらあけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


長らくお待たせしました、あいりです。

…え?待ってない?


年末は、息子がスマホYouTubeを見まくったおかげで通信規制がかかりました。

彼は主にアンパンマン動画を見ていました。

次から次に表示されるサムネイルを押し続けていたようです。

規制って、ほんと何これってくらい、ガラケーよりも速度が遅くなるものなんですね。


で、娘は突発性発疹になりました。

発熱中の娘を抱いて寝ると、湯たんぽみたいで最高に気持ちよかったです。

ごめんね、娘。


そんなこんなで年が明けました。

今年は申年ですか。

もの申す1年にします。

聖なる日のヘソゴマ

こんにちは。

誰も見てないなら開き直って変なこと書くぞなあいりです。


子どものヘソのゴマ。

取るの楽しすぎ。

1回1000円でヘソのゴマ取るバイトしたい。

絶対楽しい。

うはっwwwってなる。

ヘソゴマが大きければ大きいほどお客さんとの距離が縮みそう。

ウェーイwwwってハイタッチしたい。

会話はそれまでしなくていい。

ヘソゴマを取ることに集中したい。

耳かき専門店があるならヘソゴマ取り専門店があってもいいんじゃない?

新手のビジネス、どうか。



メリーヘソスマス。

メリークリスマス。

字面が似てて笑った。


よいヘソスマスを!

魔界の池が描けるようになりたい

あれこれ

こんにちは。 

冬至に食べた小豆カボチャが完全に魔界の池だったあいりです。
でもおいしかったです。
 
私がブログでやりたかったことの1つ。

 

それは、イラストやマンガのあるブログ記事を書くこと。

 

口では上手く説明できないことも、 イラストがあると分かりやすい。

字だけの記事よりあたたかみを感じる。

また読んでみようかなって思う。

あくまで私の場合です。

 

ということで、現在、絵の練習をしています。

もしかしたらこのブログ、マンガに なっちゃうかも。

絵日記になっちゃうかも。

 

まずは画力の向上を目指してひたすら描くのみ。

そうじゃないと魔界の池カボチャの再現もできないから。

魔界の池のコポコポ感(日本語おかしい)が、ただのモチとかシャボン玉に見えたら平和な感じしかしないし。

 

模写すら危うい私がイラストを描ける日は来るのか?

目玉おやじで精一杯な私が人を描くことはできるのか?

 

次回、あいり、アンパンマンを極めるの巻(うそ)

忘年会?なにそれおいしいの?

あれこれ

こんにちは。

トピック「忘年会」について書いてみるあいりです。

 

忘年会ねー。

 

育休中の人間には関係ない。

 

私の職場は子持ちがほとんどで、そのうち女性の割合が多いので楽しく話しやすい。

変な確執もない。

無理矢理「飲め飲め」とすすめてくる人もいない。

 

前の職場は上司の接待でした。

二次会は半強制でカラオケ。

上司の好きな歌を歌わされます。

スナックじゃないんですけど。と、何度思ったことか…

なので、今の職場メンバーでは個人的にはすごく行きたい。

 

でも、育休中の人間には関係ない(泣)

 

育休明けて初めての忘年会のみなさん!

久々の飲み会は思った以上に酔いがまわります!(先輩&自分調べ)

気をつけて楽しんでください!

「AKBにいそう」と言われた件

あれこれ

こんにちは。

卒業しても松井玲奈(元SKE48)推しのあいりです。

 

これは数年前、私がまだ独身の頃の話。

あの頃の私の愛読書はニーチェ

趣味は美術館めぐりとゴスペル。

休日の朝はカモミールティーから。

 

…そんな冗談はおいときまして。

 

愛読書はマンガで、趣味はニコニコ動画とカラオケの私は、当時の職場で女性職員に「AKBにいそう」と言われたのです。

周りの方も「そうだねー」などと盛り上がっていました。

「そうですかー?ははっ」と返したのですが、それってどういう意味?と思っていました。

 

いそうってことは、AKBにいてもおかしくないってこと?

AKBの誰かに似てる?

アイドルっぽいってこと?

歌って踊ってそう?

雰囲気?←実際は暗い

見た目?←メガネだと光浦靖子に似てるらしい

中身?←超チキン、めんどくさがり、とろい

『アイドル』というある種の女神的な方々の中に、ただのもっさい平民の私がいそうとはいかなる意味か?

 

AKBは嫌いではないので、いやな気はしないのですが疑問です。

その疑問は残りつつも、月日は流れていきました。

 

で、数年後。

2人の育児をしてる今。

 

「AKBにいそうですよね!」

 

息子の保育園の先生(女性)に言われたのです。

数年前の疑問再び!

「そうですかー?」と言いながら、頭の中ではやはり「それってどういう意味?」と考えておりました。

直接聞けばよかったのかもしれません。

しかしそこはチキン。

聞けるわけもなく…

そしてまた残る疑問。

 

数年前と同じことを言われるってことは、その頃と変わらないってことにしておこう。

若さは変わらずということで。

 

でも気になる。

「AKBにいそう」ってどういう意味で言ってるんですかー!?